退社当日

  • 退社当日
    • 退社当日は立鳥あとを濁さずで、少し早めに会社に行き、机まわりの掃除や持ち物の整理をしましょう。

      そして、返却するものはきちんと返し、受け取るものは忘れずに受け取ります。

      【返却するもの】
      ・健康保険被保険者証

      ・身分証明書、社員証、IDカード、バッチなどの類、鍵や名刺など

      ・会社経費で購入したもの(携帯電話や書籍など)

      ・制服(きちんとクリーニングに出してから返却しましょう)

      ・通勤定期

      会社から貸与、支給されたものはすべて返却します。
      業務に関するデータや資料などは早い段階で返すように心がけましょう。

      【受け取るもの】
      ・離職票

      ・源泉徴収票

      ・年金手帳

      ・雇用保険被保険者証

      会社からは退職後の手続きに必要なものを渡されるはずですが、大切なものですから、漏れがないように自分でもチェックしましょう。


    引継ぎについて

  • 引継ぎについて
    • 退職する際に、しなければならないことの一つが「引継ぎ」です。

      引継ぎに関しては、トラブルが起こりやすいので、自分の仕事を引継いでくれた人に迷惑がかからないよう万全を期しましょう。

      引継ぎをスムーズに行うコツは、「文章化」しておくことです。

      仕事内容やその手順、資料のある場所や利用法などを説明した「引継ぎノート」を作り、パソコンの中身も誰がみてもわかるように整理しておくことが大切です。

      対外的には、顧客への後任者の紹介があります。

      その際は後任者を立てて、自分以上に優秀な人材なのでくれぐれもよろしくお願いします、といった態度で行うと印象よく受けとめられます。

      引継ぎを行う際、後任者が新人であった場合、ついつい会社や上司のグチ、人間関係について、裏側の事情などを言いたくなりがちです。

      でも、これから頑張ろうとしている人にそういった事情を話すのは、意欲をそぐことにもなりますし、ただ不安をあおることにもなりかねないので、極力避けましょう。

    退職願

  • 退職願
    • 「退職届」や「辞表」という人がたまにいますが、それではきつい印象を与えてしまいます。正しくは「退職願」です。

      退職願は決まった形式があるので、書き方に悩まなくてよいでしょう。

      【退職願の書き方】
      ●会社に規定の用紙があればそれに書き、なければ白い便箋に手書きします。

      ●宛名は、会社名と社長名にします。その際、「社長様」ではなく、「社長殿」を使います。

      ●一行目の一番下から書き出します。バランスが悪いように思えますが、会社へのへりくだりを表してします。「私事」「私儀」「私は」などと始めます。

      ●退社理由は「一身上の都合により」とするのが一般的です。くどくどと会社への不満や、転職するなどといったことは書かないようにします。

      ●日付は退職願を提出する年月日を記します。

      ●文中に記す退職希望日は、具体的な日付で記入します。

      ●宛名より下の位置に自分の前を書き、名前の下に捺印をします。

      そして必ず、直属の上司に手渡ししましょう。その場にいなかったからといって、机の上に置いたり、同僚にあずけるなどは厳禁です。

    退職の申し入れ

  • 退職の申し入れ
    • 退職の申し入れは、1~2ヶ月前にするのが普通です。
      就業規則を見て、たとえ「申し入れは2週間前」と書いてあっても、会社の都合もありますので、それは最低ラインと考えたほうがよいでしょう。

      いきなり、辞めたいと言うのではなく、まずは直属の上司に今後について相談するといった形で持ちかけると、あとあと角が立たなくて済みます。

      もし直属の上司に対して不満があって辞める場合は、別の上司に言いたくなるものですが、結局は直属の上司に言うことになるのですから、あまりよいとは言えません。

      理由を聞かれたら、本当は会社に対する不満が理由であっても、あくまでも個人的な都合であると伝えましょう。

      上司と退職する日を相談し、それに合わせて残務整理や引継ぎ、顧客への挨拶などを行っていきます。

      就業規則に、「○日前までに退職届を提出すること」とあれば、それを守りましょう。


    退職の意思が固まったら

  • 退職の意思が固まったら
    • 退職しようと決意が決まったら、十分に時間をとって計画的に準備を進めていきましょう。

      円満に退職するためには、上司を説得したり、残務整理をしたり、引継ぎの準備などをしておかなくてはいけません。そういった業務をこなしつつ、転職の準備や入社の準備をしていくのですから、かなり大変ではあります。

      しかし、いい加減な形で辞めてしまうと、今まで頑張ってきたことが台無しになってしまいます。

      特に上司や仕事内容に不満があって辞める場合は、業務が雑になったり、いきなり退職願を出したりしたくなるものです。

      ですが同じ業界で転職すればどこで関係するかわかりません。

      そうでなくても、転職先が勤務状況などについて問い合わせることもありますから、できる限りは円満に退社をすることを意識しましょう。


    最新ニュース一覧

  • GOOGLE・・・検索エンジン世界最大
  • YAHOOショッピング・・・買い物、オークションのネットマーケット
  • YAHOO・・・日本最大ポータルサイト
  • YAHOOニュース・・・最新の話題、ニュース速報