添え状の書き方(2)

  • 添え状の書き方(2)
    • 添え状に書くべきことは、大まかには次のようなことです。

      ●宛名
      ㈱など略さずに、株式会社と書く。
      人事部○○様などが一般的ですが、担当者の名前が書いていない場合は、社名のあとに「御中」とつけるか、「採用ご担当者様」などと書きます。

      ●頭語・前文
      拝啓などの頭語から入り、できれば時候の挨拶、前文と書きていきます。
      例えば、前文には「貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」といったものがあります。

      ●情報を得た媒体
      「この度、○月○日付の○○新聞で貴社の募集広告を拝見し…」といった具合です。

      ●自己紹介・自己PR
      添え状のメインとなる部分です。
      自分がどういった仕事をしてきて、どういう能力があるかなどを簡潔に書きましょう。

      ●志望動機
      履歴書の志望動機と内容がかぶっても問題ありませんが、だらだらと書かずに簡潔に説明します。

      ●面接や連絡をしてほしいという依頼
      「ぜひご面談の機会を…」といったように、丁寧に面接をしてほしい、採用試験を受けたいなどという意思を伝えましょう。

      ●末文
      最後も丁寧に締めくくります。
      「取り急ぎお願い申し上げます」や「よろしくお願い申し上げます」などがよく使われています。

      ●日付
      提出する日付を書きます。

      ●自分の住所・氏名・電話番号など
      連絡のほしい時間帯があれば書いておくとよいようです。

      たった一枚の添え状にこれだけの要素を盛り込むとなると、長くなってしまいがちな志望動機や自己PRなどを簡潔に書く工夫が必要になります。

    添え状の書き方(1)

  • 添え状の書き方(1)
    • 添え状も決まった形式はなく、手書きであれば縦書き、ワープロ文書であれば横書きでも構いません。

      ただし付けるか付けないかでは、全く印象はちがってきます。

      決まった形式がないとはいえ、添え状は手紙なので、時候の挨拶や拝啓~敬具などの形式は押さえなければなりません。

      使い慣れていない敬語を使って書くことは大変ですが、きちんと書き上げれば、社会人としてのマナーがあることをアピールできます。そしてさりげなく志望動機や転職理由を盛り込めば、興味を持ってもらうきっかけ作りにも役立ちます。

      もし未経験職種や正社員の経験がない人の応募であれば、履歴書や職務経歴書を読んでもらっても、相当に不利でなかなか面接まで進めません。

      しかしきちんとした理由を記し、熱意が込められた添え状を読めば、「一度会ってもいいかな」と思ってもらえる可能性があります。

      そういった意味で、添え状は熱意を表す有効なツールです。
      その際に、あまり長々と書きすぎないように、簡潔にまとめる工夫をしてみましょう。


    電話の掛け方

  • 電話の掛け方
    • 気になる求人広告を見つけたら、まずは問い合わせの電話です。

      応募条件の確認や疑問点の問い合わせ、面接のアポ取りをします。
      『電話の上、履歴書送付』と書かれている場合は、聞きたいことがなくても電話をしなければいけません。

      電話をした瞬間から、採用の審査は始まっていると考えていいでしょう。
      いくら問い合わせといっても、応募する企業とコンタクトをとる際は、最新の注意を払います。

      ①静かな場所で掛ける
      相手の話が聞き取れず何度も聞き返しては、それだけで印象は悪くなってしまいます。こちらの雑音も相手には丸聞こえです。

      ②端的に話す
      まずは挨拶し、フルネームで名乗ったあと、どういう電話かを手短に伝えます。
      丁寧に話すことはとても大切ですが、あまりに丁寧すぎると忙しい担当者にはくどい印象を与えてしまいます。

      電話を回されたら、その都度用件を伝えます。

      ③求人情報とメモを手元に置いておく
      求人情報を見ながら簡潔に質問し、メモをとりましょう。

      場合によっては、その電話で面接の日程を決めることになるかもしれないので、メモとペンは必ず用意しておきます。日時や場所は必ず復唱して確認をとりましょう。

      ④電話の切り方も試されている
      電話の最後には必ず、「お忙しいところありがとうございました、よろしくお願いします」などと一言添えましょう。乱暴な切り方は決してせずに、先方が切ったのを確認してから切りましょう。

      電話を掛ける時間帯も大切です。
      できれば始業直後や終業間際、昼食時は避けましょう。

      職種によっては忙しい時間帯が異なるので、希望する職種に合わせて配慮するとよいでしょう。

    最新ニュース一覧

  • GOOGLE・・・検索エンジン世界最大
  • YAHOOショッピング・・・買い物、オークションのネットマーケット
  • YAHOO・・・日本最大ポータルサイト
  • YAHOOニュース・・・最新の話題、ニュース速報