職務経歴書の書き方(まとめ)

  • 職務経歴書の書き方(まとめ)
    • 職務経歴書は自由に書ける分、どう書いたらいいか迷いがちです。
      『編年体式』『キャリア式』のいずれの形式で書くにしても、やるべきことは、自分の経歴をすみずみまで見直し、それらをアピールにつながる材料かどうか選別し、見やすくまとめることです。

      見やすさは、応募者のプレゼン能力をアピールすることにもなるので、時間がゆるせばこだわってみましょう。

      基本は箇条書きですが、すべてその調子で書いてしまうと素っ気無くなってしまうので、部分的に説明文を加えるのもよいでしょう。

      経歴だけを書くのではなく、自分の経験をどういう形で会社に活かせるかを書いて、即戦力となりうることをアピールしましょう。


      量的には、A4用紙で2枚がちょうどよいようです。文字のサイズにもよりますが、1枚だと少し物足りなさがあり、3枚だと少し多いなと感じさせます。
      熱意をアピールしようと分厚い職務経歴書を送っても、担当者が読んでくれるとはかぎりません。

      ほかには、持っている資格や語学のレベル、使えるOAソフトも忘れずに記載しておきましょう。

    職務経歴書の書き方(3)

  • 職務経歴書の書き方(3)
    • 職務経歴書のもう1つの書き方が『キャリア式』とよばれるものです。

      キャリア式は今までやってきた仕事の中から、アピールしたい仕事をピックアップしてまとめるという形式になります。

      応募する仕事内容とあまり関連のない職務を省くことで、自信のある実績部分を強調できます。反対に、あまり強調したくない部分を省けます。時系列にはこだわらずにまとめるので、企業が応募者の能力を見たいのだとすれば、この書き方は効果的です。

      技術職や、専門職向きの職務経歴書といえます。

      1、企業のニーズにあった書き方をすること
      このキャリア式はポイントを絞って書くものですから、ポイントがズレてしまうと、全く意味をなさないものになってしまいます。
      応募する企業をよく研究し、必要とする人材をつかむことが肝心です。

      2、分類の仕方を工夫する
      自分の能力のどこを見てもらいたいのかをはっきりさせ、それに合わせてまとめることがポイントです。

      【一例】共通する職務で分類し、最後にまとめて企業名と年代を記す方法もあります。これだと転職回数が多い場合でも、能力に注目してもらえ、転職回数も目立ちません。

      ★職務内容が多岐にわたり多すぎると、どこにポイントをもってくるか難しくなります。だらだらと書いても読みにくくなるだけなので、厳密には違う業務でも関連したものをまとめたり、箇条書きにするなど工夫しましょう。

    職務経歴書の書き方(2)

  • 職務経歴書の書き方(2)
    • 職務経歴書の書き方には、大きく2通りあります。

      1つは『編年体式』です。

      編年体式は時系列型とも言われるように、入社から現在までを時間を追って書いていく方法です。形式的には履歴書の職歴部分を拡大したような作りで、職務経歴書の基本的なスタイルです。

      オールマイティに使えるもので、これまでの仕事歴をもれなくアピールできます。事務や営業系、社会人経験が浅い人や、転職回数が少ない人向きといえます。

      時系列で書く際に、よくやってしまいがちなのが、事実の列挙です。
      ただ何年に入社・退社、どこの部署といったことを書いただけでは、履歴書と大差がありません。

      1、実績を数字で具体的に書くこと
      資格取得・社長賞の表彰などはもちろん、「何%売上を伸ばした」「新規顧客を何人獲得」などと具体的な数字を書きましょう。

      2、セミナーや研修歴も書く
      自己啓発も立派な自己アピールになります。
      会社が行ったものだけでなく、個人的に参加したものも書きましょう。

      ★編年体式はアピールポイントが目立ちにくいので、レイアウトをに工夫をこらし、もっともアピールしたい箇所を際立たせましょう。

    職務経歴書の書き方(1)

  • 職務経歴書の書き方(1)
    • いろいろな企業に応募していると、ついつい同じ職務経歴書を送ってしまいがちですが、採用担当者は履歴書以上に職務経歴書を重視します。

      今までいくつもの職務経歴書を見てきた担当者は、使いまわしかどうか、すぐにわかるそうです。

      全体を書き換える必要はありませんが、「この会社」に絞った何かを盛り込みましょう。

      職務経歴書に決まったフォーマットはありません。

      市販の履歴書についている用紙を使っても構いません。
      ですが、読みやすさや、自分なりに工夫できることを考えると、パソコンで作ったほうがよいでしょう。パソコンのスキルがあることをアピールすることにもなります。

      読みやすさの点ではレイアウトも大切ですが、経歴、やってきた仕事内容、実績、今後のビジョンがわかりやすく書かれていることが何よりです。

    職務経歴書とは

  • 職務経歴書とは
    • 履歴書とともに提出を求められるのが職務経歴書です。

      職務経歴書は、即戦力になる経験者を採用しようとしている企業の判断基準になるものです。

      全く異なる業種への転職であっても、共通して活かせる能力はたくさんありますし、仕事への取り組み方、顧客との信頼関係など、業種を問わず貴重な能力と評価されます。

      企業に自分を売り込む手段として、職務経歴書はとても有効なツールになります。

      単に履歴書の経歴を詳細にしたものではありません。経歴の羅列するだけでは、職務経歴書とは言えません。

      どこでどんなスキルを身に付け、それをどう仕事に活かしたか、どのくらいの実績を上げたか、そして何より、獲得したスキルを今後どう活かしてくれるのかを、企業は知りたがっているのです。

    最新ニュース一覧

  • YAHOO・・・日本最大ポータルサイト
  • GOOGLE・・・検索エンジン世界最大
  • YAHOOニュース・・・最新の話題、ニュース速報
  • YAHOOショッピング・・・買い物、オークションのネットマーケット