« 広告 | メイン

経営の構想

経営の構想の説明

起業にこぎつけるまで、情報収集をしたり煩雑な手続きが多く、いろいろと大変です。しかし、起業してから経営を維持していくことの方がとても大変です。

経営を維持するためには、いろいろな角度から長期的、短期的に考えていかなければなりません。

まずは5~10年後の将来あるべき姿、ありたい自分を想像します。

そして、その将来の姿を実現するための方向性を1~5年のスパンで考えます。

さらに細かく、この先1~3年間に実践する戦略を具体的に立てます。

その立てた戦略を実際に実行に移します。

戦略を実行して、その結果をもとに、計画・戦略を見直し改善します。また対応策も立てます。

そして経営者としてとても大切なことは、それらを実践しながら、人材の育成、教育にも力をいれることです。


経営の構想 記事一覧

    060起業してから
  • 経営の構想
    • 起業にこぎつけるまで、情報収集をしたり煩雑な手続きが多く、いろいろと大変です。し...