« 求人情報の集め方 | メイン | 転職の流れ »

許認可

許認可の説明

業種によっては、官公庁からの「許認可」を受けることが必要になってきます。技術面や衛生面などを一定の水準以上保つために許認可制度が設けられているようです。

許認可にはいくつか種類があります。
これらはほんの一例です。

【届出】
届出書類の書類の提出で開業できます。

理容業・クリーニング業・ペットショップなど →保健所

【許可】
申請をした後、審査を受けて、それに通れば開業できます。

飲食店・食料品などの販売業・魚介類販売業・喫茶店など →保健所
リサイクル店・中古車販売業・バー・ゲームセンターなど →警察署
保育所・薬局など →都道府県
人材派遣業→ 公共職業安定所

【免許】
資格を必要とし、審査を通れば開業できます。

不動産業 →都道府県
酒類販売業 →税務署


これら許認可の手続きは、自分でやることが難しければ行政書士に頼むこともできます。
許可を得るのに時間を要するものや、店舗の設計に制約がある場合もあるので、早めに確認しておきましょう。

許認可 記事一覧

    020起業に必要なこと
  • 許認可
    • 業種によっては、官公庁からの「許認可」を受けることが必要になってきます。技術面や...