« 週末起業 | メイン | 財務諸表 »

退職してからブランクがあるとき

退職してからブランクがあるときの説明

「退職されてから今まで何をされていましたか?」

退職して3ヶ月くらいまではこの質問はあまりされませんが、退職してから6ヶ月くらい経っていると、面接において、たいていこういった質問をされます。

「なかなか希望するところに決まらなくて…」という答え方は、いい印象を与えません。

面接官からすれば、そんなに長く転職活動をしていても決まらないということは、何か問題があるのでは?と勘ぐってしまいます。

また、他の会社が採用しない人材を、積極的に採用しようとは思いません。

あいまいに答えるのではなく、その空白の時間に何をしていたかを、具体的に説明する方向にもって行きましょう。

例えば単に勉強していたではなく、応募する企業で活かせるような技術や知識を学んでいたなどと答えたほうが印象はよいはずです。

実際にはあまり勉強していなかったとしても、「現在勉強中です」という姿勢を見せることもよいでしょう。

ブランクがある場合に、面接官がもう一つ気にかかることは、生活態度です。働いていなかった間に「休み癖」がついていないかということです。

そういった心配を打ち消すためにも、きちんと規則正しい生活を送っていたことをアピールしましょう。

退職してからブランクがあるとき 記事一覧