« 職務経歴書の書き方(まとめ) | メイン | 自己分析をしよう »

履歴書が話のタネになる

履歴書が話のタネになるの説明

履歴書はのちに進む面接の会話の端緒にもなります。

たまたま採用担当者と同じ趣味であったりすれば、親近感を持ってもらえることもあるでしょう。

そうでない場合のほうが圧倒的に多いと思いますが、趣味欄にただ「読書」「音楽鑑賞」などと書いても誰もが書くことなので、そんなに気に留めてはもらえません。
「読書」が趣味ならば、どういう本を読むのか、最近面白かった本を一冊挙げてみるなど、少し工夫してみましょう。

そして直接仕事に関係がなくても、積極的にアピールすることです。
面接のときに、それらが話題になって和やかな雰囲気になるかもしれませんし、前向きに人生を捉えている姿勢を示せます。

スポーツが趣味の場合は、健康であること、積極性があることなどのアピールにもつながります。

ただし、本当に趣味に違いなくても、ギャンブルやお酒などはやめておきましょう。
例えばギャンブルに関係する業種である場合など、特殊な事情がない限り、評価されることはあまりありません。

履歴書が話のタネになる 記事一覧

    030履歴書の書き方
  • 履歴書が話のタネになる
    • 履歴書はのちに進む面接の会話の端緒にもなります。 たまたま採用担当者と同じ趣味で...