« 目当ての会社が見つかったら | メイン | 職務経歴書の書き方(1) »

履歴書を書くときの注意点(2)

履歴書を書くときの注意点(2)の説明

●写真
写真は応募者の印象を大きく左右します。あわててスピード写真で撮ったものを送るのではなく、できれば写真店で撮ってもらったほうがよいでしょう。スピード写真と写真店で写したものは、並べてみるとかなり差が出ます。
ビジネスに適した服装と清潔感、口角を上げた印象のよい表情を心がけましょう。

●職歴
入社・退社歴をすべて書きましょう。アルバイトでも応募する仕事に関連があるものならば、書いてアピールします。会社名・部署名、役職名などはもらさず書き、そこでどういう仕事をしてきたかを具体的に簡潔に記入しましょう。
退職理由は、何らかの不満があって辞めた場合でも、本当のことを書いては書類選考を通過するのは難しいのが事実です。あくまで、やりがいを求めたなどの前向きな理由を書きましょう。

●連絡先
住所は略して書かず、きちんと都道府県から始め、アパートやマンション名も記入します。
電話番号は自宅のほかに携帯電話を持っていれば必ず記入しましょう。
確実に電話をとれる時間帯を書いておくと担当者の手をわずらわせずに済みます。

●提出年月日
履歴書欄外の提出年月日は記入を忘れがちです。履歴書は公的な書類なので、日付の記入はとても重要です。
日付は記入した日ではなく、提出する日のことです。郵送、持参する当日の日付を書きましょう。

●本人希望欄
希望する職種を自己アピールを兼ねて書いたり、勤務地が選べるような場合は希望勤務地を記載しますが、あまりにわがままな要望は書かないようにしましょう。
「御社規定に従います」程度にとどめましょう。

履歴書を書くときの注意点(2) 記事一覧